今日の日記。4月7日 深夜の馬鹿力2

タイピングをしていると、ラジオに集中できない。
ラジオに集中すると、タイピングできない。
困ったな。

 

600文字@120円は、頭を使わなくていいしお得な案件だ。
検索は、自由、という文字でした。

 

クラウドワークスのほうは、不承認の案件がつづいて、承認率が86%ぐらいまで下がっている。
あちらで作業をして、承認率をあげなくては。

 

幸か不幸か、ランサーズのほうは97%をキープしているので、自由に書ける。
やっぱりランサーズのほうが好きだな。

 

でも、クラウドワークスのほうも使いこなせるようになってよかった。
返事も速く来るし、使い勝手が良い。

 

フリーランスっていいなあ。気分がいい。
サラリーマンのようにはいかないけれど、誰にも使われていないし、自分にはこれがあっていたのかも。
もっと稼げればいいんだけど、そうはいかないなあ。
私はパートだけで生計がなりたつ予定なので、貯金にプラスアルファして稼げればそれでいい。

いまのまま、おいしい案件がもっと増えればな。
誠実に仕事をしていきたい。
テキストに書くのだから、私の実力を反映させたい。
とにかく、私はタイピングが好きだ。
ぜんぜん苦痛にならない。

これは、内職で言うと、箱をたたむのが苦にならないのと同じだ。
これなら、懲役に行ったとしてもやっていける。
懲役はいやだが、たとえば、だ。

 

タイピングが苦痛でない、むしろ好き、というのが仕事になるとは思っていなかった。
mixiやってて良かった。
長文打ったりしているのはムダではなかったのだな。
そうかんがえてみると、いまだにSNSでただで長文書いている人たちがかわいそうに思える。